Eye-FiとFlashAir / 写真の無線転送について

Eye-Fi FlashAir

デジタルカメラを使っていて、毎回カードを取り出してコンピューターに画像を読み込むのは面倒、ということがよくあります。

デジタルカメラから無線で写真を読み込む方法として、専用SDカードを使うものが有名どころで2つ。写真の自動転送で話題になったEye-Fiと、後発で出てきたFlash Air。両方を使ってみて、その違いと使い分けをご紹介します。

基本的に全部の画像を転送する Eye-Fi

Eye-Fiは、基本のスタンスとして撮った画像を全部コンピューター(またはタブレット・スマートフォン)に転送します。WiFiのある場所ではWiFi→サーバー経由で、無い場所でも設定すればタブレット・スマートフォン経由で転送することができます。

Eye-Fiのメリット

撮った画像をとりあえず全部転送してくれるので、後でデータを読み込む手間が省けます。データ整理も読み込まれたものからやればいいので、カード内のデータを見返す必要がありません。また「エンドレスモード」に設定しておくと、転送済み写真から自動的に削除してくれるので、カード内のデータを消去する手間すら省けます。

iPhoneを使ったフォトストリームに慣れている人からすると、カメラで撮れば自動的にコンピューターで見られることの快適さは分かりやすいと思います。

Eye-Fiのデメリット

繰り返しになりますが、(カメラ側で画像のプロテクトを使い転送する画像を制限することもできるのですが)基本的に撮った写真は次から次へと全部転送していきます。これはWiFiのある環境では良いのですが、データ通信量に制限のあるスマートフォンなどの環境では、ストレージの容量や通信量を食い過ぎることにもつながります。

また特に旅先などでは、いつもいつも全部の画像が必要というわけでもないので、余計に感じることもあります。

写真を個別に選んで転送する FlashAir

一方のFlashAirは、基本的な発想が全然違います。こちらは画像の自動転送機能はなく、FlashAirをルーターとする無線経由でカード内のデータにアクセスできる、という仕様になっています。写真を撮った段階ではカード内に書き込まれるのみで、必要になった段階で、スマートフォンアプリやブラウザなどでカード内のデータにアクセスし、一覧から必要な画像のみを選んでダウンロードする、という方式です。

FlashAirのメリット

FlashAir自体が無線LANルーターになるため、その場にWiFi環境があるかは問題になりません。また必要無いデータは読み込まれ無いので、無駄な通信はしないで済みます。

そして写真専用に設計されているわけではないため、SDカードスロットを備えた何かしらの機械にデータを転送する等の様々な場面に活用することができます。

FlashAirのデメリット

Eye-Fiと違って、画像は自動では送られて来ず、能動的に読みに行く必要があります。またカードの抜き差しこそせずにデータは読めますが、無線での転送速度を考えると、全部のデータが必要になるなら、結局カードのデータは直接読み込んだ方が良い、ということになります。

じゃぁどっちがいいの?

これらを踏まえて、私が主に使う用途別に使い分けを考えてみます。

自宅あるいはスタジオ等で動き回りながら撮影した全写真をコンピューターですぐ確認したい

この場合、自動的に全部の画像が転送されるEye-Fiが有利です。無線LAN環境もある/用意しやすいため、データ通信云々も気にしなくて済みます。

旅先で撮った写真をスマートフォンからSNS等にアップしたい

この場合はFlashAirをお勧めします。無線LAN環境がない場合も多いですし、撮った全部の画像というよりは、選りすぐった何枚かしか必要無い場面がほとんどです。また画像を読み込む段階ではデータ通信を気にする必要はありません。

ちなみにFlashAirアプリ/iPhoneの写真アプリはRAW画像の閲覧に対応していないため、もしRAW画像で撮影したい場合はRAW+JPEG-Sの設定にしておくと、完全データはRAWで残しつつ、FlashAirから出先で読み込むのはJPEG-Sで、という使い分けができます。

三脚等できっちり組んだ状態で撮影した全写真をすぐ確認したい

Eye-Fi・・・となりそうなところですが、この場合はもうUSBケーブルで有線接続してテザー撮影することをおすすめします。自分が動かないのなら、無線での転送を待つより有線の方が圧倒的に速いです。

これらを踏まえて、

  1. 旅先ではFlashAir
  2. 自宅ではEye-Fi
  3. その場で転送の必要のない/圧倒的に大量の撮影をするときは通常の記録カード
  4. セットを組んで確認しながらの撮影はUSBケーブル接続

…を使い分けています。用途に合わせて選んで活用してみてください。

ワイヤレスSDHCカード Eyefi Mobi Pro(アイファイ モビプロ) 32GB Class10 WiFi内蔵

東芝 SDHCメモリーカード(FlashAir) 16GB SD-WC016G


ちなみにCFカードスロットのみのデジタル一眼レフでは、このアダプターを介してEye-Fi、FlashAirが使えるようになります。金属カバーが付くことになるため、通信速度が少々落ちますが・・・(EOS 5D mark IIで使用しています)
No brand EXTREME CF アダプター UDMA TYPE II SD / SDHC から CF 変換 アダプター パッケージ品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク