満点の星空を綺麗に撮るには/ソフトフィルター

星空を綺麗に撮るために赤道儀を買った。確かに星は点に写るようになったけれど・・・イマイチ見栄えがしない。そういう時はソフトフィルターを使うのがオススメです。

以下2枚は、全く同じレンズ・露出設定で、フィルターの有無だけを比較しています。
まずはフィルターなし。

星はちゃんと点像ですが、小さな点だらけでノイズだらけの画面のようでもあります。そこでソフトフィルターを付けてみると・・・

劇的に見栄えが変わります。明るい星は大きくなり、またごく小さな星は若干見えにくくなって全体的にコントラストが上がったようになります。使ってみている感じでは、中望遠〜広角になるほど、ソフトフィルターが効果的になる印象です。

ちなみにここで使っているのはKenko プロソフトン(A)ですが、超広角や魚眼などのレンズの場合は後ろ玉のところにフィルター差し込み口が付いてたりするので、LEEなどの角形フィルターを切って使うのが良いようです。

夏の大三角、綺麗でした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク